PR:

「超人ロック」漫画家の聖悠紀氏 昨年12月に心停止 心臓手術で2カ月入院していた

 1967年に誕生した長寿作「超人ロック」シリーズなどで知られる漫画家の聖悠紀氏が昨年12月に心臓の手術を受け、2カ月間、入院していたことが分かった。4日夜、自身のツイッターで明らかにした。このほど退院し「毎日リハビリをしています」と報告した。

 聖氏は「YKアワーズ、コミックフラッパーでの『超人ロック』の休載、画集、単行本発売の延期と、皆様に大変ご心配をおかけしています。お詫びを申し上げます」と謝罪。

 「昨年12月、11月に受けた慢性副鼻腔炎の手術の経過診断のために病院に行き、そこで倒れて心停止→蘇生→昏睡状態→心臓の外科手術と2カ月間入院していました」と報告。「ようやく退院できましたが、まだ体が以前のようには動いてくれません。毎日リハビリをしています」と現状を明かし「ロックの続きはもうしばらく待っていてください」と呼び掛けた。

 「長い間ご心配をお掛けして、すみませんでした。今月発売される『聖悠紀 ART WORKS』 は、関係者の皆様のご尽力で完成しました。感謝申し上げます。また同人誌で応援してくださった先生方、ありがとうございました。御礼を申し上げるのが遅くなり、失礼しました。描けるうちに1ページでも多く描きたいので、これからも頑張ります。連載中の『超人ロック 鏡の檻』『超人ロック ガイアの牙』、どちらもよろしくお願いします」と執筆に意欲を示している。

[ 2018年2月5日 12:15 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:10月20日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル