有賀さつきさんを悼む声次々…ヒロミはショック「まわりを楽しませる人」

[ 2018年2月5日 17:27 ]

ヒロミ
Photo By スポニチ

 52歳の若さで亡くなった元フジテレビアナウンサーの有賀さつき(ありが・さつき)さんに、親交のあったタレントのヒロミ(52)らから悼む声が相次いだ。

 デビュー当時から番組で共演していたヒロミは5日、自身のブログを更新し「このニュースを見た時に、ショックと驚きで未だに信じられない思いです」で心境をつづり、「同年代で、彼女がアナウンサーになった頃から毎週のように番組でご一緒させていただきました。明るく真面目でなんかほぉわっとしていてまわりを楽しませる人でした」としのんだ。

 女性ロックバンド「SHOW−YA」のボーカル寺田恵子(54)はツイッターで「有賀さつきさん亡くなったのねまだ若いのに....合掌」と早すぎる死を悲しんだ。

 前東京都知事の舛添要一氏(69)は「かつてフジテレビによく出演していたころ、一緒に仕事をしたことがあるが、『天然の明るさ』に救われたものだ。ご冥福を心からお祈りする」。

 フジテレビに同期入社した元衆院議員の三宅雪子氏(52)は「なんと言ったらいいかわかりません。数え切れないほど、一緒に食事に、旅行に行きました」と思い出を振り返り、肩を落とした。

 女優の村井美樹(38)は「まだお若いし、娘さんだって小さいのに…。ショック過ぎる…」と心配した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2018年2月5日のニュース