GACKT演出番組で山田孝之&塚本高史がポーカー対決 実力派俳優の心理戦に注目

[ 2017年8月27日 18:18 ]

ポーカー番組に出演する(左から)塚本高史、GACKT、山田孝之、小鳩ミク(C)AbemaTV
Photo By 提供写真

 歌手のGACKT(44)がポーカー番組をプロデュースすることが分かった。AbemaTVで9月23日に放送。タイトルは「GACKT完全プロデュース!ヘッズアップポーカー“タイマン”」(土曜後9・00)で、俳優・山田孝之(33)と塚本高史(34)のゲスト出演が決定。ポーカーで激突する。

 数多くのポーカー大会に出場し、世界大会で入賞する実力を持つGACKTが完全プロデュース。ゲストプレーヤーが世界で最も親しまれているルール「テキサスホールデム」で1対1の勝負を繰り広げる。今回のゲスト参加者は山田と“山田に因縁がある”という塚本。さらにミュージシャン代表として、5人組ガールズロックバンド「BAND―MAID」のギター、ボーカルを務める小鳩ミクも参戦する。

 塚本は「どうしても倒したいヤツがいる。そしてGACKTさんにタイマンの見届け人になってほしい」と相談し、今回の対決が実現。「ポーカーフェース」という言葉のように、ポーカーではカードを引く運だけではなく、相手に自分のカードが良いのか悪いのか悟られないように演技することもテクニックとして求められるマインドスポーツ。塚本は「芝居には勝者敗者という分け方はあまりありませんが、ポーカーで敵を倒すことで役者としての勝者敗者が分かるんじゃないのかな。山田孝之、待ってろよ!」と山田に宣戦布告。

 それを聞いた山田は「なんで怒ってるのか分からないのですが、ライバル視されていますね。年齢が近いというのもあるのではないかと。役者で上か下かは難しいですけど、表現者としては僕のほうが上なんじゃないですか」と強気な態度を見せた。

 果たして勝負の行方は…。日本のエンタメ界を代表する2人の人気俳優が魅せる「白熱の心理戦」が注目を集めそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2017年8月27日のニュース