KEYTALK一日駅長 東武東上線沿線育ち池袋まで上り詰めた

[ 2017年8月27日 05:30 ]

東武東上線の池袋駅で一日駅長を務めたKEYTALK(左から)小野武正、寺中友将、首藤義勝、八木優樹
Photo By スポニチ

 ロックバンド「KEYTALK(キートーク)」が26日、東京・東武東上線の池袋駅で一日駅長を務めた。

 9月10日まで川越駅、森林公園駅などメンバー4人とゆかりのある5駅の発車メロディーに同バンドの曲を起用。制服に身を包んだボーカルの首藤義勝(28)は「沿線で育った人間が、池袋駅の一日駅長まで上り詰めることができた」と感激した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年8月27日のニュース