ブルゾン完走、ネットねぎらい「当日発表でよく頑張った」声援への会釈「人柄良い」

[ 2017年8月27日 21:27 ]

ゴールして坂本トレーナーと抱き合うブルゾンちえみ
Photo By スポニチ

 日本テレビ「24時間テレビ40 告白〜勇気を出して伝えよう〜」(26、27日)でチャリティーマラソンランナーを務めたブルゾンちえみ(27)が27日午後8時48分、東京・日本武道館にゴール。ランナーは史上初の当日発表となり、例年以上の注目を集めたが、期待に応える力走を見せた。

 27日早朝まで順調なペースで進むも、徐々に身体が悲鳴を上げる。「左膝に痛みが…」とつぶやき、左膝を引きずるような走り方に。気温が上がった昼過ぎからは体力を奪われ苦悶の表情。だが、沿道から声援を受けると、手を振り会釈するなど苦しみに耐え笑顔を見せた。

 午後6時過ぎにはスタート後初めて歩く姿を見せたが、一歩一歩進み武道館を目指した。武道館が見えてくると力を振り絞りスパート。ラスト200メートル付近で伴走した坂本雄次トレーナー(69)の姿を見つけると涙。坂本氏の後押しも受けて武道館内へ。ステージ前ではゴールの場所を間違え、出演者に「こっちこっち!」と呼び掛けられるハプニングもあったが、最後は無事にゴールテープを切った。

 インターネット上では「当日発表だったのに本当によく頑張ったね」「本当に凄いことをやったと思う」「発表引っ張りすぎって批判あったけどブルゾンは悪くない。お疲れ様」など、ねぎらう声が殺到した。

 マラソン中、沿道から声援を受けると手を振り会釈するなど、苦しみに耐え笑顔を見せる場面もあり「会釈の感じがいい。人柄の良さが分かる」「反応するのもツライはずなのに笑顔。絶対性格いい人だ」とブルゾンの人柄を褒めるつぶやきも多数見られた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年8月27日のニュース