西川貴教 政治家転身のオファーがあった過去告白も「やらない!」

[ 2017年8月27日 18:08 ]

西川貴教
Photo By スポニチ

 T.M.Revolutionこと歌手の西川貴教(46)が27日放送のフジテレビ「ボクらの時代」(日曜前7・00)に出演。政治家転身のオファーがあった過去を明かした。

 西川はロックバンド「THE ALFEE」のギタリスト、高見沢俊彦(63)、音楽プロデューサーの武部聡志氏(60)とともにトークを展開した。

 西川は自身の音楽活動に加え、2009年から滋賀県草津市で行われている音楽祭「イナズマロックフェス」を主催するなど、幅広い活動を行っている。西川は「イナズマ―」について「自治体と一緒にやっているイベント。自分たちも責任もって受けますし、その代わり、一緒に作りましょうってやっている」と説明。これに、高見沢は「そのうち、西川も知事だな。応援演説行くぞ!」とあおった。

 すると、西川から「頭がおかしい人たちなの、我々は!」と前置きしたうえで、「恐ろしいことに、全然そんな気持ちはないのに、そんなところに話が回ってきて、どこどこの党からとか(出馬してくださいとか話が)来るのよ」と過去に出馬のオファーがあったことを明かした。武部氏は「向いていると思われてるんだよ」。高見沢も「ロックシンガーの知事って凄いじゃん」と続けるも、西川は「やらない!」とキッパリ。その気がないことを強調していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年8月27日のニュース