ブルゾンへの打診、数日前決定も…日テレ社長も知らなかった“情報統制”

[ 2017年8月27日 09:20 ]

マラソンのスタートを切るブルゾンちえみ(中央)
Photo By 提供写真

 日本テレビ「24時間テレビ40」が26日に始まり、史上初の当日発表となったチャリティーマラソンランナーはブルゾンちえみ(27)だった。スタート直前には涙を浮かべ「選んでくれてありがとうございます」と話し、走りだした。日本武道館まで約90キロ走る予定。

 関係者によると、数日前にはランナーはブルゾンに打診すると決まっていたという。ただ「日本テレビ社長も知らなかったし、局内でも数人でしか情報共有していなかった」と明かす。例年より号砲が1時間遅れたことについて同局は「単に演出上の問題」と説明した。

 今回は記念の40回目。スターターは第1回の総合司会、萩本欽一(76)と第21回のチャリティーパーソナリティー、広末涼子(37)が務めた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年8月27日のニュース