松ちゃん、タメ口タレントOKのワケ 東野幸治あきれ顔「何の告白や!」

[ 2017年8月27日 12:14 ]

「ダウンタウン」の松本人志
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(53)が27日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)で、タメ口で話すハーフタレントについて持論を披露。意外な意見に共演者から驚きの声があがった。

 番組では、タレントのビートたけし(70)が夕刊紙のインタビューでタメ口のハーフタレントについて非難し、俳優の坂上忍(50)も自身がMCを務める番組内で「僕もまったくその通り」と同調したことに触れた。

 大御所芸人と、有名俳優がタメ口タレントへの不快感を示した一方、松本は「正直なところ、若い女性にタメ口をきかれた方が、ちょっとうれしい」と持論。共演者が意外な表情を見せるなか、その理由についても明かし「申し訳ない。本当の本音なんです。っていうのは、できそうな気がするんで…」。

 この本音に、MCの東野幸治(50)は「なんの告白や!」とあきれ顔。お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(40)は「すごいシンプルな理由なんですね」と松本の発言に驚きつつ、「ローラちゃんが成功したので“これが私たちの戦い方”って。タメ語と失礼をごっちゃにしてしまっている」と意見していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年8月27日のニュース