テレ東「池の水ぜんぶ抜く」第4弾に芦田愛菜!“逆”オファーで参戦決定

[ 2017年8月27日 06:00 ]

テレビ東京「池の水ぜんぶ抜く」シリーズ第4弾に参戦することが分かった女優の芦田愛菜(C)テレビ東京
Photo By 提供写真

 テレビ東京の人気企画「池の水ぜんぶ抜く」のシリーズ第4弾、日曜ビックバラエティ「緊急SOS!超巨大怪物が出た!出た!池の水ぜんぶ抜く大作戦4」(9月3日、後7・54)に女優の芦田愛菜(13)が参戦することが27日、分かった。以前から同シリーズを視聴していた芦田は「池の水を抜きたい」と熱望。所属事務所が“逆”出演依頼する形で参戦が実現した。

 7月上旬、同番組を手掛ける伊藤隆行プロデューサーに1本の電話が。声の主は同局ドラマ担当のプロデューサーで、「女優の芦田愛菜が“池の水を抜きたい”と言っている」と伝えられる。真偽を確認するため所属事務所に連絡すると、「ぜひ芦田愛菜に池の水を抜かせてほしい」とまさかの“逆”出演依頼。芦田の電撃参戦が決定した。

 芦田が向かったのは千葉県千葉市の泉自然公園。「外来種のアカミミガメがめちゃめちゃ増えて困っている。準絶滅危惧種のニホンイシガメがいたという噂もあり、在来種を守っていきたい」という依頼に応えるため、池の水をぜんぶ抜くことに。芦田はそこで超巨大な貝(ヌマガイ)と遭遇する。

 「あれにはビックリしましたね」と巨大貝発見の瞬間を語る芦田。番組への出演を希望した理由を「たまたま番組を見ていたら、『楽しそうだなぁ〜自分もやってみたいな』って思って。楽しいこともそうなんですけど、外来種から守るという目的もあるので、何か環境の役に立てている感じがして、それもこの番組に出たいなって思った理由の一つです」と明かす。

 念願のロケを振り返り「実際に自分で体験してみると、テレビで見ていたとき以上の面白さ…自分の想像を超えました!めちゃくちゃ楽しかったです! ワクワクドキドキで、いろいろな魚が見つかるとさらに夢中になってしまいました」と大興奮。「この番組に参加したことで、今後、田んぼとかに行ったときに『あれはこういう魚だよ』って教えてあげられると思います。次にやってみたいことですか? また池の水を抜きたいですね!」と早くも再出演を熱望している。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年8月27日のニュース