岡田准一「見渡せそうだから…」戦に出るなら東出昌大になりたい

[ 2017年8月27日 08:50 ]

映画「関ケ原」初日舞台あいさつを行った(前列左から)平岳大、役所広司、有村架純、東出昌大(後列同)原田眞人監督、和田正人、伊藤歩、音尾琢真、中越典子
Photo By スポニチ

 V6の岡田准一(36)が26日、都内で主演映画「関ケ原」(監督原田眞人)の初日舞台あいさつを行った。

 劇中では石田三成を演じたが、関ケ原の戦いに参戦するなら誰になりたいかと聞かれ、1メートル89の東出昌大(29)を指名。「高台にいるみたいに見渡せそうだから」と羨望(せんぼう)のまなざしを向けた。

 7月に急逝した中嶋しゅうさん(享年69)も出演しており「中嶋さんに届けばいいな。この日を迎えられたと報告したい」と語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年8月27日のニュース