カルビー 47都道府県のポテトチップスを発売 第1弾は7月

[ 2017年3月3日 16:09 ]

 カルビーは3日、47都道府県ならではの味を再現したポテトチップスを各地域限定で発売すると発表した。自治体関係者らと共同で開発し、7月に第1弾を発売する。

 福島市と共同開発した「いかにんじん味」を昨年5月に発売したところ、79万袋を売る異例のヒット商品になったため全国に広げる。第2弾は今秋、第3弾は今冬に出す。いずれもご当地の県とその周辺の都道府県で、1カ月間の限定販売となる予定だ。

 地域の素材や郷土料理、技術力を生かした商品にするため、県庁や市役所、地元企業と味やパッケージ、宣伝内容について意見交換している。

 カルビーが「いかにんじん味」の購入層を調べたところ、今までポテトチップスを食べなかった人たちも多く買っていることが分かった。伊藤秀二社長は東京都内で3日記者会見し「地元の味という新しい価値を提供し、多くの人にポテチを食べるきっかけにしてもらいたい」と話した。

 今回の取り組みは、地域活性化を目指す同社の企画「ラブ ジャパン」の一環で、ポテトチップス以外の商品でも検討する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年3月3日のニュース