テレビ東京 「水曜ミステリー9」が終了「今後はスペシャルドラマを」

[ 2017年3月3日 15:50 ]

 テレビ東京の4月期編成説明会が3日、東京・六本木の同局で行われ、2時間のサスペンスドラマを放送していた「水曜ミステリー9」を終了させることを発表した。

 同枠の後番組にはお笑いタレントのビビる大木(42)と矢作兼(45)が進行役を務める人気番組「家、ついて行ってイイですか?」が移動し、2時間に拡大して放送される。

 高野学編成部長は「ミステリー9はここで終了です」と語り、4月から3週連続で放送される2時間のスペシャルドラマに触れ、「今後はスペシャルドラマを増やしていきたい」と語った。「家、ついて〜」については「テレ東らしい番組ゴールデン枠に育ってきた」と胸をはり、手ごたえを口にしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年3月3日のニュース