雨上がり宮迫、ブルゾンにエール 江頭2:50名言なぞらえ「伝説残した」

[ 2017年3月3日 14:12 ]

「雨上がり決死隊」の宮迫博之(左)とブルゾンちえみ
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(46)が2日、フジテレビ「バイキング」(月〜金曜前11・55)出演。「R−1」でネタが飛ぶミスで敗退したブルゾンちえみ(26)に「伝説残した」とエールを送った。

 先月28日に行われた、ひとり芸日本一を決定する「R−1ぐらんぷり 2017」の決勝戦で、ブルゾンがネタを飛ばすハプニング。当日「R−1」の司会を務めていた宮迫は番組終了後の深夜も仕事でブルゾンと一緒だったが、宮迫によると、その時も再びネタが飛んだといい「(R−1の)嫌な流れが無意識にあったんでしょうね」と振り返った。

 また、ブルゾンがネタを終え、CM明けでコメントする際に号泣した時には「僕も真っ白になりました」と述懐。それでも最後は、お笑い芸人の江頭2:50(51)の名言「レギュラーよりも1回の伝説」を引き合いに出し「伝説は完全に残しましたよね」と期待を込めて後輩芸人を励ました。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年3月3日のニュース