こじはる 卒業後のAKBロスはカラオケで解消!?「いっぱい歌って踊ります」

[ 2017年2月16日 19:08 ]

「小嶋陽菜×Sweet×SamanthaThavasaスペシャルコラボショップオープニングイベント」に出席した小嶋陽菜
Photo By スポニチ

 AKB48の小嶋陽菜(28)が16日、都内で行われた「小嶋陽菜×Sweet×SamanthaThavasaスペシャルコラボショップオープニングイベント」に出席した。

 22日に東京・代々木国立競技場第一体育館で行う卒業コンサート『こじまつり〜小嶋陽菜感謝祭〜』を直前に控えた心境を聞かれた小嶋は「寂しさよりは『コンサートが始まっちゃう』という焦りのほうが大きいです」と吐露。まだリハーサルも始まっていないそうだが「明日からみっちりやるので、楽しみにしていただきたいなと思います」とアピールした。また、ピンクが大好きという小嶋は、コンサートのセットもピンクか問われると「大当たり!ピンクとブラックと赤というセットにしました」と打ち明け、中年男性のリポーターから「めまいがする色ですね」と指摘された小嶋は「おじさんからしたらそうかも知れません」と毒を吐いて笑いを誘ったが、「でもAKBのファンはおじさんも多いですからね…。今の一言で心配になりました」と顔を曇らせた。

 また、AKB48の47枚目シングル「シュートサイン」(3月15日発売)でセンターを務める小嶋は「メンバーと歌っていても楽しいですし、最後という気がしないんですよね。でも、こういうことがなくなるんだなって考えるとやっぱり悲しいですね」と胸の内を明かし、「卒業したらAKBロスみたいなものがあると思うので、カラオケでいっぱいAKBを歌って踊ろうと思います」とニッコリ。

 HKT48の指原莉乃(24)が声優アイドルをプロデュースすることになったが、グループ卒業後にアイドルプロデュースを提案された小嶋は「さっしー(指原)のニュースを見て“いいな”と思いました。私もしてみたいです」と目を輝かせ、「ファッションの可愛い女の子を集めたいですね。そういうグループはあまりないと思うので、隙間を狙ってプロデュースできたらいいなと思います」と意欲を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年2月16日のニュース