香川照之“不気味”な隣人で男優助演賞「新人のような気持ちで」

[ 2017年2月16日 05:46 ]

毎日映画コンクール表彰式 ( 2017年2月15日    ミューザ川崎シンフォニーホール )

16年ぶり2度目の男優助演賞を受賞した香川照之
Photo By スポニチ

 「クリーピー 偽りの隣人」で16年ぶり2度目の男優助演賞に輝いた香川照之(51)。主人公を心理的に追い詰めるタイトル通り“不気味”な隣人を熱演した。

 2012年から慣れない歌舞伎界で奮闘しているため、映画の仕事は減少。「昨年は1本も撮っていないのに、再び映画の賞をもらえたのがうれしい」と感激した。

 20代前半のころに東映作品に出演した際、この日来賓あいさつをした岡田裕介会長(67)に「見るに堪えない演技」とダメ出しされた。その叱咤(しった)激励があったからこそ今がある。現在も新境地に挑み続けており「なかなかできない映画の仕事だけに、新人のような気持ちで頑張りたい」と笑顔をはじけさせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年2月16日のニュース