LinQ 勝利の女神になる!福岡3大プロスポーツチームの応援に駆け付けます

[ 2017年2月16日 08:22 ]

負けないぞ!ポーズをする(左から)坂井朝香、高木悠末、山木彩乃
Photo By スポニチ

 九州、福岡を拠点とするアイドルグループ「LinQ(リンク)」が、福岡3大プロスポーツチームの「勝利の女神」となる。2月26日にJ2福岡の開幕戦(レベルファイブスタジアム、13時)、4月29日にB3のライジングゼファーフクオカ―金沢武士団戦(北九州市総合体育館、14時)、そして5月9日にはソフトバンク―オリックス戦(ヤフオクドーム、18時)に“応援団”として駆けつけることが決まった。今月22日にリリースされる新曲のタイトル、「負けないぞ」とばかりに熱い声援を送る。(東山 貴実)

 解体・再開発プロジェクトが昨年12月に発表され、11年4月のデビューから6年を前にグループとして大きな分岐点を迎えたLinQ。22日には待望のニューシングル「負けないぞ」が発売される中、今年は「絶対に負けられない」福岡の3大プロスポーツチームの勝利を後押しする。

 まずは2月26日、J2福岡の開幕戦。九州ダービーとなる大分戦で、レベスタに駆けつける。LinQ不動のセンター、高木悠未は「小学生の頃は、昼休みに男子がサッカーをするのに交じっていた女子。サッカーゲームのウイイレ(ウイニングイレブン)でも兄とよく対戦していました」。また、今季に福岡から鹿島に移籍したFW金森健志とはラジオ番組で共演してきた経験を持つ。福岡にとって今年は「1年でJ1に復帰する」が最大のミッション。悠未は「今年は勝負の年ですね。去年の悔しさをバネに、また強いチームになってほしい」とエールを送り、「ピザクックスペシャルマッチ」と銘打たれ開催される同戦ではオープニングセレモニーとハーフタイムショーで盛り上げる。試合後にはJR博多シティ3階で「LinQのわ」公開生放送(18時〜)、さらにミニライブ(18時45分〜)出演と大忙しの1日となる。

 昨秋に開幕して新時代を迎えた「Bリーグ」では、4月29日にライジングゼファーフクオカの応援に北九州市総合体育館を訪れる。ゼファーも「B3リーグから1年でのB2昇格」がミッションで、29、30日は最大のライバルの金沢武士団戦に加え、ホーム最終戦となる。小学4年から中学3年までバスケットボール部に所属していた山木彩乃は「特に中学時代は練習がめちゃくちゃきつくて。毎日、グラウンドを1時間ずっと走った後に5キロマラソン。コーチへのあいさつの声が小さいと、練習中ずっと体育館の隅で“おはようございます”と言わされ続けていました」と青春時代を振り返る。小6では主将を務め、中学時代は3Pシュートを得意とするポイントガード。田臥勇太に憧れ、五十嵐圭に恋したバスケ少女は「私たちLinQも必死に上に上がろうとしている。ゼファーの選手の皆さんには“福岡のためにいつもありがとうございます”と言いたいし、バスケを身近に感じてもらえることで、みんなが気楽に応援に行ける環境になればいいですね」と話した。

 そして、5月9日にはソフトバンクの応援にヤフオクドームに登場する。昨季は最大11・5ゲーム差をつけながら日本ハムに逆転優勝を許し、今季は覇権奪還のシーズンとなるホークス。小学時代は松田の大ファンの祖母とよく球場観戦に訪れていたという坂井朝香は「ユニホームや応援グッズを買ってもらって。おばあちゃんの影響で、私も松田選手が好き。チームを引っ張っている感が凄いですよね。だからソフトバンクは強いんだと思います」と分析する。同日の対戦相手はオリックス。LinQがヤフオクドームで念願のライブパフォーマンスを果たした15年8月11日もオリックス戦で、2―6の9回に2点差まで追い上げ、最後は柳田の逆転3ランでサヨナラ勝ち。再び、そんなミラクル劇が起こる予感も漂う。

 最後に、悠未は「私たちの新曲“負けないぞ”も、壁を乗り越えた先に笑顔いっぱいの未来があるから、今頑張ろうぜという気持ちで歌っています。常に戦っている選手の皆さんにも聞いてもらえたら」と力を込め、「全チームが優勝したら、メチャ盛り上がる。スポーツとアイドルでジャンルは違うけど、同じ福岡なので一緒に盛り上がっていきたい」と目を輝かせた。

 ≪新曲発売イベント、全国16カ所で開催≫21〜26日にかけて、新曲「負けないぞ」のリリースイベントが全国計16カ所で開催される。メンバーが各地に分散し、21日の福岡・天神ベストホール、東京・渋谷MODI7階HMV&BOOKS TOKYO内(開始時間はともに19時)を皮切りに、兵庫、大阪、神奈川などでもミニライブを行う。詳細のスケジュールはLinQの公式HPで。

 ◆kLinQ解体・再開発プロジェクト 全国で戦えるアイドルグループを目指し、現行メンバーでの活動は6月までとし、以降は「LinQ」「新グループ」「ミュージカル集団」の3団体に振り分ける総称「IQプロジェクト」を発足して全国展開する。同プロジェクト推進の条件として5月5日の福岡市民会館、5月27日の東京・中野サンプラザホールの2公演で8割以上の集客数、さらに同公演でのパフォーマンスなどを総合的に判断。2公演で成功を見なかった場合は、LinQの再編成のみにとどまり、新生LinQの選考から漏れたメンバーは引退も含め自らの道を探ることになる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2017年2月16日のニュース