「THE MANZAI」また衆院選と同日…岡村「選挙ネタ」のススメ

[ 2014年12月1日 08:00 ]

「THE MANZAI2014」決勝進出が決まった11組。2列目の中央はスペシャルサポーターの指原莉乃とMCのナインティナイン

 漫才日本一決定戦「THE MANZAI 2014」の決勝進出者が30日、東京・台場のフジテレビで発表された。

 決勝大会は衆院選の投開票日と同じ14日。11年のスタート以降、決勝と衆院選の投開票の日程が重なるのは12年に続き2度目。MCを務めるナインティナインの岡村隆史(44)は「4回のうち2回が衆院選とぶつかるなんて、なんで衆院はそんなにこっちを意識してるん?」と苦笑い。矢部浩之(43)は「選挙に行ってから漫才を楽しんで」と呼び掛けた。

 決勝大会は同局で生放送され、通常午後7時から行われるが、衆院選の影響で1時間半繰り上げて同5時半から7時58分まで放送。終了直後から宮根誠司(51)と安藤優子(56)が司会を務める選挙特番「THE SENKYO」が始まるため、矢部は「優勝者はそっちに出るかも」と、意外な“優勝特典”をぶち上げた。岡村も「今から選挙のネタを作っておいたほうがいいかも」とアドバイスした。

 今年は過去最多の1870組がエントリー。予選を通過した50組が計5回の「本戦サーキット」に出場し上位11組が決勝に進出。これに加え、12~20位の9組が13日に開催される「ワイルドカード決定戦」で争い、1組が決勝に進める。2年前も決勝に進出した「トレンディエンジェル」の斎藤司(35)は「アベノミクスをぶつけられたので、“サイノミクス”で頑張ります」と意気込みを語った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年12月1日のニュース