薬師丸ひろ子 ラジオで涙声…健さん悼む「体から魂が抜けた感じ」

[ 2014年12月1日 05:34 ]

78年映画「野性の証明」製作発表に出席した高倉健さんと薬師丸ひろ子

 女優の薬師丸ひろ子(50)が30日、ニッポン放送「薬師丸ひろ子 ハート・デリバリー」で、10日に亡くなった高倉健さん(享年83)をしのんだ。

 「体から魂が抜けていった感じ。言葉にすると、あふれて決壊しそうで…ごまかしながら生活してきた」と涙声。映画デビュー作「野性の証明」(78年)で、共演しており「先月上旬まで、ずっとご縁がありました」と明かした。

 遺作「あなたへ」(12年)の撮影現場も訪問したという。大学生の頃、試験前日に「この日で終わる季節の鍋を食べよう」と誘われた思い出を披露。実は健さんの勘違いで、もっと先まで食べられたという。「“早く帰って勉強しなさい”と送り出された」と懐かしそうに話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2014年12月1日のニュース