「劇場版アイカツ!」競争率27倍の激レア試写会に女の子大興奮

[ 2014年12月1日 05:30 ]

完成披露試写会で観客に囲まれ笑顔の声優陣。(中央左から)木村総監督、三村ゆうな(一ノ瀬かえで役)、下地紫野(大空あかり役)、諸星すみれ(星宮いちご役)、田所あずさ(霧矢あおい役)、保村真(ジョニー別府役)

 アイドルを目指して奮闘する少女たちの活躍を描く「劇場版アイカツ!」の完成披露試写会が30日、東京都江東区のユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、場内に女児たちの歓声があふれた。

 大きなスクリーンでの初上映。東映の公式ホームページで入場希望者を募集したところ、1万1000件を超える応募が殺到。27倍以上の抽選を勝ち抜いてお宝チケットを手にした400人の親子連れが観賞した。

 物語はトップアイドル「神崎美月」に憧れてアイカツ!(アイドル活動)を始めた「星宮いちご」が、仲間たちのサポートを受けてスペシャルライブ「大スター宮いちごまつり」を成功に導く姿を描いた感動編。上映前には主役いちごの声を当てた諸星すみれや次代のトップ候補「大空あかり」役の下地紫野、「霧矢あおい」役の田所あずさら、豪華声優陣が登場。それぞれ担当キャラクターの声であいさつし、子供たちを喜ばせた。

 諸星は「映画になることをずっと楽しみにしていたので、決まったときは“ついに来たあ!”とうれしく思いました。みんなも目標を持って素敵なアイドルになってネ!」と客席に呼びかけた。

 アイドルとファッションをテーマにしたデジタルキッズカードゲームとして12年10月にお目見えした「アイカツ!」はカードの累計出荷枚数が1億1000万枚を突破して社会現象化。テレビアニメ、そして待望の映画化と進化を続けている。劇場版の封切りは13日。公開を記念してスポニチが夢あふれる「劇場版アイカツ!新聞」を10日発売する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2014年12月1日のニュース