付き人だった宇梶剛士“オヤジ”文太さん悼む「いつでも弱き者の味方」

[ 2014年12月1日 18:05 ]

かつて菅原文太さんの付き人をしていた宇梶剛士

 俳優の菅原文太さんが28日午前3時、東京都内の病院で転移性肝がんによる肝不全のため亡くなったことが1日、分かった。81歳だった。菅原さんの付き人だった俳優の宇梶剛士(52)が追悼コメントを発表した。

 ツイッターを更新。「今日は東映撮影所で撮影をしています。18歳の半ばすぎに親父に付いて東映撮影所に来たことを思い出していました。 菅原文太という人は、いつでも弱き者の味方でした」と“芸能界の父親”をしのんだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2014年12月1日のニュース