小笠原道大氏 「ナヨナヨしてるな」古巣・巨人に愛のムチ「ひと回りもふた回りも大きくなってほしい」

[ 2024年6月22日 18:00 ]

小笠原道大
Photo By スポニチ

 日本ハム、巨人、中日で選手、コーチとして活躍した小笠原道大氏(50)が22日、TBSラジオ「ナイツのちゃきちゃき大放送」(土曜前9・00)にゲスト出演。巨人の現役選手に向けて熱い言葉を投げかけた。

 MCのお笑いコンビ「ナイツ」塙宣之から今シーズンについて「ピッチャーが凄いんですかね…?なかなか打てなくなってきていると言われてますけど、どうですか?」と意見を求められると、「ピッチャーの技術が上がっている。タイミングとか投げ方とか」と納得した小笠原氏。投球方法に「正解はない」とし、その多様性に対応する打者は「大変になる」と意見を述べた。

 球質の変化などだけが、打率低下への影響ではないと分析。打者の動きに違和感を感じたことも。「体が使えていない。個人の技術をもう一度見直してやっていった方がいいんではないかなと思います」と指摘した。

 大の巨人ファンとして知られる塙が巨人について質問すると「頑張ってますよ」と一言。ただ「歯車が合わない時がある」といい、「先輩たちがフォローとかするかもしれないですけど、やっぱり4番がしっかりしないと」と語った。

 「なんとか乗り越えて、ひと回りもふた回りも大きくなってほしいという願望であえて厳しく言いますけど」と前置きし、「ナヨナヨしてるな」と愛のムチで期待を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月22日のニュース