近畿王者の京都国際が夏初戦で難敵と激突「ここで勝てないようでは…」 昨夏8強校と春に続く再戦

[ 2024年6月22日 18:51 ]

組み合わせ抽選を終えて記念撮影する京都国際・藤本(左)と京都外大西・乾(撮影・河合 洋介)
Photo By スポニチ

 第106回全国高校野球選手権(8月7日開幕、甲子園)の京都大会の組み合わせ抽選が22日、京都市内で行われた。

 今春近畿大会を優勝した京都国際は、11日の2回戦で京都成章と対戦することに決まった。

 初戦から昨夏8強の難敵との対戦となり、くじ引きを担当した主将の藤本陽毅(3年)は「最初は少し動揺したけど、今までやってきた野球をすれば負けないと思う。ワクワクしています。1回戦では当たりたくない相手だけど、ここで勝てないようでは甲子園でも勝てない」と言葉に力を込めた。

 京都成章とは春季京都大会1回戦で対戦して7―1と完勝。

 「どのような相手かは分かっている。一発のある打者もいる。守っていて嫌な攻撃をしてくるな…と感じるやりにくい相手」と相手の印象を明かした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月22日のニュース