米国最古の球場リックウッド・フィールドで初の公式戦 かつて黒人リーグの本拠地

[ 2024年6月22日 01:30 ]

ナ・リーグ   カージナルス6―5ジャイアンツ ( 2024年6月20日    バーミングハム )

リックウッド・フィールドで行われた初の公式戦(AP)
Photo By AP

 米国で最古の球場とされるアラバマ州バーミングハムにある1910年開場のリックウッド・フィールドで20日(日本時間21日)、大リーグ初の公式戦が開催された。黒人リーグが本拠地を置いていた時代には、野球殿堂入りし18日に死去したウィリー・メイズさん(享年93)もプレー。試合開始前にはバリー・ボンズ氏、ケン・グリフィー氏らが同球場を訪れ、追悼セレモニーを行った。

 生前、メイズさんは公式戦開催に際し、ダスティ・ベーカー前アストロズ監督らを通じ、「皆さんと一緒にいられたら良かった。ここが私の出身地です。私はここでプロ初のヒットを打ちました。バーミングハムでは人生最高の時間を過ごしました」などのメッセージを託していたという。メジャー史上初めて全審判員を黒人が務めた一戦は、カージナルスがジャイアンツに6―5で勝利。大リーグでは近年、黒人リーグを再評価する動きがあり、5月には大リーグ機構(MLB)が黒人リーグの個人成績を公認し、公式記録に組み込まれた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月22日のニュース