ド軍指揮官 古巣と初対決の大谷翔平は「興奮していると思う」人柄は「思っていたよりもおどけた人だ」

[ 2024年6月22日 08:39 ]

インターリーグ   ドジャース―エンゼルス ( 2024年6月21日    ロサンゼルス )

試合前、取材に応じるドジャース・ロバーツ監督(撮影・柳原 直之)
Photo By スポニチ

 ドジャースの大谷翔平投手(29)は21日(日本時間22日)、本拠での古巣エンゼルス戦に「1番・DH」で出場する。今春のオープン戦では対戦したものの、公式戦では初対決。日米で注目が集まる一戦を前にデーブ・ロバーツ監督(51)も大谷について言及した。

 大谷が古巣と初対戦することについて問われた指揮官は「彼はアナハイムで過ごした時間をとても感謝していると思います。彼は間違いなくここで幸せだと思います。彼は今日ここに来て、この日を興奮していると思います。彼はただ野球をしたいだけだが、多くのファンに影響を与えている」と話した。

 また、大谷の人柄についても改めて言及。「彼は私が思っていたよりもおどけた人だ。冗談を言うのが好きで、それは良いことです。彼は野球をするのが大好きな男の一人になりたいだけ。彼は素晴らしい選手になることに執着している。彼は非常に意図的に準備する。彼はとても良いチームメイト。彼が対戦したピッチャーについて多くのやり取りがあり、得たものをコーチやチームメイトに伝えている。それは確かに役立っている。彼は学びたいと思っており、より良くなりたいと思っている」と話した。

 大谷は20日(同21日)、敵地でのロッキーズ戦で2年ぶり7本目となる初回先頭打者本塁打。今季21号で再びリーグ単独トップに浮上した。骨折で離脱したムーキー・ベッツ内野手に代わって1番に入り、4試合で打率・444。自己最長タイで通算3度目の5試合連続打点をマークすると同時に59得点もリーグトップと、最強の1番打者として君臨している。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月22日のニュース