松田宣浩氏 広瀬は素晴らしい成長曲線 僕の新人ホームラン数を抜いて2桁打ってほしい

[ 2024年6月22日 06:00 ]

パ・リーグ   ソフトバンク9-4ロッテ ( 2024年6月21日    北九州市民 )

<ソ・ロ>お立ち台でポーズを決める(左から)正木、甲斐、広瀬(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 【松田宣浩 視点】交流戦明け最初のパ・リーグ同士の試合。相手は左腕の小島投手でした。その対策だったのでしょう。正木選手、甲斐選手が並んだ6、7番が1打席目から仕事をしました。

 正木選手は1打席目のタイムリーに続き、3打席目もヒットを打ちました。右腕の東妻投手に交代していた後ということも大きい。チャンスをもらった時、こじ開けるのは自分しかない。1~5番は変わることは少ない。だから6~9番に入る選手が、どう働くかとなります。正木選手は魂の2安打でした。

 8番・広瀬選手は1点差の場面で外寄りの真っすぐを捉えた2号ホームランでした。初安打を放って以来、素晴らしい成長曲線を描いています。自分はルーキーの時に3本。早く追いついて、ぜひ、2桁を打ってほしい。付け加えるならば、守備の安定感も目を見張るものがあります。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月22日のニュース