巨人・坂本勇人は今季初の3打席3三振 第1打席は9球粘るも、残りの2打席はともに3球三振

[ 2024年6月22日 21:28 ]

セ・リーグ   巨人0―3ヤクルト ( 2024年6月22日    東京D )

<巨・ヤ>4回、三振となり、ベンチへ戻る坂本(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人の坂本勇人内野手(35)は22日のヤクルト戦(東京D)で「7番・三塁」に入って先発出場。だが、今季初の3打席3三振に倒れ、チームも広島と並んで12球団ワーストタイとなる今季12度目の零敗を喫した。

 相手先発右腕・サイスニードに対して、2回の第1打席は1死走者なしの場面で9球粘ったが、内角低めのナックルカーブを見逃し三振。

 4回の第2打席は2死走者なしで初球を見逃すと、2球目の高めスライダーを空振りして首をかしげ、3球目の150キロ高め直球を空振り三振した。

 マウンドが2番手右腕・大西に代わった7回の第3打席は先頭打者として外角への148キロ直球を見逃して3球三振だった。

 坂本は6打席3三振が1度、5打席3三振が1度、4打席3三振が1度あるが、3打席3三振で試合を終えるのは今季初めて。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月22日のニュース