大谷翔平 特大22号!古巣実況22秒沈黙…「日本の新聞の一面に」 お手上げ「ゲームでも出せない数字」

[ 2024年6月22日 14:10 ]

インターリーグ   ドジャース2―3エンゼルス ( 2024年6月21日    ロサンゼルス )

エンゼルス左腕ムーア(左)から2ランを放つドジャース・大谷(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 ドジャースの大谷翔平投手(29)は21日(日本時間22日)、本拠での古巣エンゼルス戦に「1番・DH」で先発出場。第3打席で2戦連発とするリーグ単独トップの今季22号先制2ランを放った。連続試合打点は自己最長を更新する6に伸ばした。第4打席でも二塁への内野安打を放ち、今季30度目のマルチ安打をマークした。しかし、チームはタイブレークに突入した延長10回に決勝点を奪われ、同じロサンゼルスに本拠を置くチーム同士の「フリーウエーシリーズ」初戦に敗れた。エンゼルスはドジャース戦の連敗を10で止めた。

 ドジャースタジアムが大熱狂に包まれたのは5回の第3打席だった。5回2死一塁で、カウント1―1から左腕ムーアの甘い速球を強振。打球速度113.1マイル(約182.0キロ)、27度の角度で上がった中堅への特大の一発は455フィート(約138.6メートル)の特大弾となった。飛距離は今季3番目の当たりだった。大谷は笑顔でダイヤモンドを一周すると、ベンチ内でナインに祝福を受けた。

 この日、エンゼルスの地元放送局「バリー・スポーツ・ウエスト」が試合を中継。実況はパトリック・オニール氏、解説はOBでMLB通算132勝のレジェンド、マーク・グビザ氏が務めた。

 オニール氏は「完璧に捉えた!ショウヘイ・オオタニが2ランホームラン!入ってしまった」と絶叫。22秒沈黙してしまった。

 その後グビザ氏は「速球だったが、合わせてきた。古巣相手に初のホームラン」と解説。オニール氏も「この快音は世界中に響き渡り、明日の朝、もしくは今夜に日本の新聞の一面を飾るだろう」と語った。続けて、大谷の6戦連続打点にも触れ「ビデオゲームでもこの数字は出せない」と絶好調ぶりにお手上げの様子だった。

 大谷の古巣との公式戦初対決は米国でも注目を集めた。オープン戦では3連戦全てに出場も6打数無安打に終わった。試合を中継する「MLBネットワーク」は公式Xに大谷のエンゼルス入団時からの動画を投稿。公式戦初対決に向け「今夜、大谷翔平がドジャースの一員として初めてエンゼルスと対戦する」とつづった。ドジャースの地元メディア「ドジャース・ネーション」は公式Xで今春オープン戦で大谷とマイク・トラウトがハグをする動画を投稿。トラウトは5月に左肩手術を受けて長期離脱中とあり「マイク・トラウトが健康で、今夜大谷翔平と対戦できたらよかったのに」と欠場を嘆いた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月22日のニュース