楽天痛恨の逆転負けで再び借金1 ポンセは古巣相手に2勝目ならず6回途中5失点KO

[ 2024年6月22日 17:17 ]

パ・リーグ   楽天2ー5日本ハム ( 2024年6月22日    エスコンF )

<日・楽>7回、ベンチで試合を見る今江監督(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 楽天が手痛い逆転負けを喫し、リーグ戦再開後初白星を逸しするとともに、再び借金1となった。

 初回に鈴木大、浅村の適時打で幸先よく2点を先行。だが2回に日本ハム・レイエスの中越え三塁打、2軍から昇格したばかりの福田光の左前適時打で同点にされると、5回にもレイエスの右中間適時二塁打で勝ち越された。

 6回には再び福田光の右翼線二塁打などで2点を追加され、先発のポンセは5回2/35失点で降板。

 古巣相手に4月2日以来の同カード2勝目を目指したが、自身5敗目を喫すると「いい流れをつくることができませんでした。申し訳ないです」と頭を下げた。
 

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月22日のニュース