阪神・渡辺 痛恨の2エラーに懺悔のコメント「本当に申し訳ないという気持ちだけ」

[ 2024年6月22日 17:35 ]

セ・リーグ   阪神2ー5DeNA ( 2024年6月22日    甲子園 )

<神・D> 3回1死、東のゴロをトンネルする阪神・渡辺(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神の渡辺諒内野手(29)が痛恨の2失策を記録した。

 初回1死から2番・度会の打球がグラブの下を通過し出塁を許すと、1点リードの3回1死には9番・東の正面の打球をトンネルした。3番・オースティンに逆転3ランを浴びたのはその直後で、より大きな責任を感じていた。

 「捕らなくちゃいけないバウンドでしたし、バウンドどうこうよりも、アウトにできる球だった。アウトにできなかったというのが課題ですし、本当に申し訳ないなという気持ちだけ」

 顔色を失い、振り返る声も落ち込んでいた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月22日のニュース