全国高校野球地方大会開幕 八重山商工が豊見城下す 北海道栄初戦突破 帯広柏葉初戦敗退

[ 2024年6月22日 14:24 ]

阪神甲子園球場
Photo By スポニチ

 第106回全国高校野球選手権(8月7日開幕、甲子園)は22日、南北北海道、沖縄で地方大会がスタートした。

 北北海道大会十勝支部予選では、帯広柏葉が帯広北に敗れた。南北海道大会室蘭支部予選では北海道栄が苫小牧高専にコールド勝ち。次戦で駒大苫小牧と対戦する。

 沖縄大会では八重山商工と豊見城が対戦。1点を追う9回、八重山商工が2点を奪って勝ち越し。逆転で初戦を突破した。

 八重山商工は2006年に選抜、夏と連続で甲子園に出場。豊見城は1975年選抜を皮切りに、春夏7度甲子園に出場している。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2024年6月22日のニュース