×

西武・辻監督「進化している」対策の上いく朗希に脱帽 1点差惜敗で借金生活逆戻り

[ 2022年6月23日 05:30 ]

パ・リーグ   西武1―2ロッテ ( 2022年6月22日    ZOZOマリン )

<ロ・西>初回、佐々木朗から安打を放つ源田(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 西武は佐々木朗対策を取ったが、散発の3安打で得点が奪えなかった。

 初回先頭の源田らがバットを短く持って中堅から逆方向を意識。だが4者連続を含む9三振を喫するなど圧倒され、辻監督は「3回まで球数(50球)を投げさせていい感じだった」と話す一方で「進化している。やっぱり凄い」と脱帽した。

 右腕に今季2戦2敗で借金1。指揮官は「なかなか打ち崩せない。エンドランといっても空振りもある」と声を絞り出した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年6月23日のニュース