×

ヤクルト 村上が先制満塁弾含め2本塁打6打点の大暴れ!10点大勝で球団記録更新11カード連続勝ち越し

[ 2022年6月23日 21:05 ]

セ・リーグ   ヤクルト10ー0中日 ( 2022年6月23日    バンテリンD )

<中・ヤ>初回、村上は先制の満塁ホームランを放ち、森岡コーチ(左)とタッチ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 リーグ首位を快走するヤクルトが23日、敵地(バンテリンD)で5位・中日に10―0と大勝。球団新記録を更新する11カード連続勝ち越しを決め、貯金は今季初の23。ラミレスに並ぶ球団記録の331試合連続4番出場を果たした村上宗隆内野手(22)が初回に22号先制満塁ホームランを放つと、8回にもダメ押しとなる23号2ラン。5打数4安打6打点2本塁打の大活躍となった。

 村上は初回、無死満塁のチャンスで相手先発・岡野の投じた6球目を捉え、右翼スタンドへ飛び込む22号先制満塁弾。村上の満塁ホームランは6月12日のソフトバンク戦以来で、球団記録更新となる今季4本目。年間4本の満塁弾は史上8人目、9度目となり、プロ野球記録である1950年の西沢道夫(中日)の5本にあと1本と迫る一打で試合の流れを一気に呼び寄せた。

 すると打線は14安打10得点と爆発。4回は2死満塁から山田が左中間を破る走者一掃の適時二塁打で3点を追加。7回には村上が一塁手が反応出来ないほど強烈な打球の二塁打を放ち、猛打賞を記録。村上は8回にも23号ダメ押し2ランを放ち勝負を決めた。

 投げては先発の高梨が9回6安打無失点の好投で今季初完封。打線の大量援護を受け三塁すら踏ませないピッチングで5勝目を手にした。中日戦は昨年9月24日から4連勝となった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年6月23日のニュース