×

阪神・ガンケル “パパ1勝”お預け 15日に長女誕生も…「ボールに切れがなく」5回10安打3失点

[ 2022年6月23日 05:15 ]

セ・リーグ   阪神4ー5広島 ( 2022年6月22日    マツダ )

<広・神>5回、勝ち越しを許し、悔しげな表情でベンチに戻るガンケル(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 粘投もチームを勝利に導くことはできなかった。阪神先発のガンケルは、5回10安打3失点で降板。再三、ピンチを招きながらも、大崩れすることなく、最低限の仕事は果たした。

 「ボールに切れがなく、コースに制球できたボールもヒットにされる場面が多かった」

 言葉通りの苦しい投球を強いられた。同点に追いついた直後の3回は1死一塁で菊池涼に左翼フェンス直撃の勝ち越し適時二塁打。5回までに3度も3連打を浴び、4回以外は常に走者を背負う展開とリズムをつかめなかった。それでも、1イニングで喫した失点はすべて1にとどめ、試合を壊すことはなかった。再び同点とした5回も1死一、二塁でマクブルームに右前適時打で勝ち越しを許したが、後続を断って踏ん張ると、7回に佐藤輝の同点適時打が飛び出して黒星は消えた。

 夫人の出産に立ち会うため一度登板を飛ばした影響で中9日でのマウンド。15日に誕生した第一子の長女・キンズリーちゃんに白星をささげるべく快投を誓ったが“パパ1勝”は次回に持ち越しとなった。(遠藤 礼)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年6月23日のニュース