×

巨人・原監督 中田の代打弾を称賛「ねえ!いいホームランでしたね」 KOの赤星には奮起促す

[ 2022年6月23日 21:57 ]

セ・リーグ   巨人5―7DeNA ( 2022年6月23日    東京D )

<巨・D>DeNAに敗れてベンチを後にする原監督(右は坂本)=撮影・白鳥佳樹
Photo By スポニチ

 巨人はDeNAに敗れて4カード連続の負け越し。長嶋茂雄終身名誉監督が観戦に訪れた一戦で、勝利を届けることはできなかった。この日勝利した首位ヤクルトとは10ゲーム差に広がった。

 0-7で迎えた6回、坂本の適時二塁打で1点を返し、さらに1点を追加。さらに代打・中田が6号2ランを放ち4-7と反撃する。7回には岡本和の適時打で2点差に迫ったが、あと一歩及ばなかった。

 試合後の巨人・原辰徳監督(63)との一問一答は以下の通り。

 ――打線は粘りを見せたが

 「そうですね。うん。まあ前半にもね、ってところはありますけどね」

 ――6、7回で、追いつき、追い越したかった

 「まあね、まあかなり劣勢の中でね、明日につながるというところでしょうね」

 ――先発がしっかり試合をつくらないと厳しくなる

 「まあ、ね、結果的に、それはね、序盤で5点か、ね。若い選手ですからね、やっぱり育てるのには我々もね、どこかに辛抱って必要だし、彼らも若い選手たちもそこでなんとかというね、奮起というかね、そういうものは必要になってきますね」

 ――中田が1カ月ぶりの一発

 「ねえ! 今日いいホームランでしたね。一発で仕留められたというところに、大きいと思います」

 ――明日から首位ヤクルトと3連戦。10ゲーム差がついているが、まずは1戦1戦

 「まあそういうことですね。そういうことですね」

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年6月23日のニュース