×

ロッテ・中村奨 マー君“攻略”は「全員で食らい付けた結果」 佐藤都はスクイズ失敗後の逆転打にホッ

[ 2022年5月17日 22:36 ]

パ・リーグ   ロッテ6―3楽天 ( 2022年5月17日    ZOZO )

<ロ・楽>ヒーローインタビューを終えた佐藤都(左)と中村奨(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテが17日、本拠での楽天戦(ZOZOマリン)に6―3と逆転勝ち。7回の同点打を含め5打数3安打2打点と活躍した中村奨吾内野手(29)は「いい所に落ちたラッキーヒットです」と喜んだ。

 中村奨は相手先発・田中将から2本の同点打を含む猛打賞の活躍で勝利に貢献。今季初のホームでのお立ち台に「忘れかけていた景色です」と感慨深げ。開幕から6試合連続ハイクオリティスタート(7回以上、自責点2以下)の田中将を“攻略”し「何とか全員で粘って食らい付いてやっていこうという話があったので、全員で食らい付けた結果かなと思います」とコメント。

 7回、中前にポトリと落ちた同点打については「いい所に落ちたのでラッキーヒットです」と笑顔。「今ままでチームに迷惑かけているので、明日以降もしっかり貢献していきたいと思います」と意気込んだ。

 また、7回に逆転打を放った佐藤都は「いいところ抜けてくれたなと思ったので本当に嬉しかったですし、ここ2戦自分が足を引っ張っていた感じがあったので、そういった意味でも打てて良かった」とコメント。スクイズ失敗の後のタイムリーだったことについては「終わったことはしょうがないっていう風に切り替えて何とか一本というよりも、ランナーを返すためにどういう風にしたらいいか食らい付いていく気持ちを忘れずに打席に立ちました」と振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月17日のニュース