×

阪神 AR技術で甲子園見学できる新サービス「AR KOSHIEN Experience」27日開始

[ 2022年5月17日 14:00 ]

今月27日から開催される「AR KOSHIEN Experience」イメージ画像 (C)阪神タイガース 
Photo By 提供写真

 阪神は17日、AR(拡張現実)技術を用いたコンテンツを楽しみながら甲子園球場のグラウンド、スタンドコースを自由に見学できる新サービス「AR KOSHIEN Experience」を5月27日(金)から開催することを発表した。

 「AR KOSHIEN Experience」は、これまでのガイド案内によるスタジアムツアーとは異なり、自身でタブレットを操作。ARによる四つのコンテンツを楽しめる。

 (1)阪神の監督、選手が動画で登場し写真撮影ができる(2)スコアボードやスタンドにかざして球場の歴史解説を楽しめる「甲子園ヒストリー」(3)第100回全国高等学校野球選手権記念大会決勝をグラウンドやスタンドで360度映像で楽しめる「パノラマ甲子園」(4)CG映像で巨大化したトラッキーが甲子園に登場する「巨大トラッキー」。さまざまな記念撮影や甲子園の歴史を楽しめる新たな球場体験を提供する。

 「期間」
 5月27日(金)~不定期での開催。
 6月10日(金)、22日(木)。
 ※開催は不定期。7月以降は甲子園歴史館ホームページで案内される。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月17日のニュース