×

阪神・矢野監督、守護神・岩崎の救援失敗に「受け止めています」と前を向く

[ 2022年5月17日 21:35 ]

セ・リーグ   阪神1-2ヤクルト ( 2022年5月17日    神宮 )

<ヤ・神>サヨナラ負けを喫し、肩を落とす矢野監督(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 阪神は守護神・岩崎が虎の子の1点を守り切ることができず、逆転サヨナラ負けを喫した。試合後、矢野監督は敗戦投手となった岩崎を責めることはせず、結果を受け止めた。

 「いや、もちろん結果はね。後から見ればね原因はあるけど。1点差っていうのはこの球場はホームランもあるし。3番からなんで、そういうところをケアしながらっていうふうになれば、丁寧にいくっていう気持ちの中でそういうふうになってしまうことも、もちろん優(岩崎)でもある。それは受け止めています」

 9回は1死一、三塁のピンチを招くと、ベテランの青木に右中間適時打を打たれ、同点とされた。なおも1死二、三塁からオスナにサヨナラの右犠飛を打たれた。岩崎は3月25日のヤクルト戦以来、13試合ぶりの失点となった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2022年5月17日のニュース