×

ソフトバンク柳田 6・2億円でサイン 日本人野手最高年俸

[ 2021年12月17日 10:42 ]

<ソフトバンク契約更改>6億2千万円でサインし抱負を色紙に書いた柳田(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 ソフトバンク・柳田悠岐外野手(33)が17日、ペイペイドーム内の球団事務所で契約交渉に臨み、1000万円増の6億2000万円プラス出来高払いでサインした。2002年の巨人・松井秀喜を超える日本人野手最高年俸となった。

 今季は141試合に出場し打率・300、28本塁打、80打点。2年連続となるベストナインとゴールデングラブ賞を受賞した。しかし、チームは4位に終わり、「チームも個人も納得いかない。敗者として、来年勝つために準備したい」と逆襲に燃える。来季は7年契約の3年目。新主将として「最高の1年にしたい」と話した。(金額は推定)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年12月17日のニュース