侍ジャパン 「紅色」セカンドユニ披露 稲葉監督「オリンピック感というか、特別感も出る」

[ 2021年7月20日 19:16 ]

<侍ジャパン強化合宿>吉田(右)からアドバイスを受ける村上 (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 東京五輪に出場する侍ジャパンは20日、楽天生命パークで一般には非公開で行っている強化合宿2日目を迎え、今大会から初めて採用する赤いセカンドビジターユニホームを披露した。

 「みんな、凄くいいって言っています。格好良いねという話をしていた」と稲葉監督。侍ジャパンはホーム用が白、ビジター用が紺を基調としたユニホームで、3種類目の戦闘服として赤が新たに加わった。「紅色(くれないいろ)」と名付けられ、25日の巨人との強化試合で実戦では初めて着用される。

 稲葉監督は「なかなかジャパンで赤を着ることはなかったんですけど。個人的に赤が好きなので。オリンピック感というか、特別感も出る感じで、非常にいいと思います」とお気に入りの様子。28日から始まる東京五輪の本大会でも着用が予定されている。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月20日のニュース