巨人・山口オーナー DH制導入論「引き続き提案、主張を続けていきたい」

[ 2021年1月22日 14:57 ]

巨人・山口寿一オーナー
Photo By スポニチ

 都内で行われたスタッフミーティングに出席した巨人・山口寿一オーナー(63)が22日、19日のセ・リーグ理事会で巨人が提案し、見送りとなった期間限定のDH制の導入について言及。「議論検討は続けるということでセ・リーグ理事会は終わっているようですので、これで可能性がなくなったとは考えておりません。引き続き巨人軍としては提案、主張を続けていきたいと考えています」と話した。

 巨人はコロナ下での選手の負担軽減と外国人選手の来日にめどが立たない中でDH運用により調整に幅を持たせるため、開幕から期間限定での導入を提案している。「今回のコロナの中で、選手の負担軽減と、試合の価値の向上、さらに選手の育成強化、こういったものをすべて満たしていくためには、例え期間限定であっても暫定的にDH制を導入することがプラスになると確信してご提案していましたので、それが実現できなかったということは率直に残念」と感想を口にした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月22日のニュース