入団6年目での最高額は巨人・菅野 ダル、マー君は3億円超

[ 2021年1月22日 16:06 ]

オリックス・吉田正
Photo By スポニチ

 オリックスの吉田正尚外野手(27)が22日、大阪・舞洲の球団施設で契約更改交渉に臨み、8000万円増の年俸2億8000万円プラス出来高でサインした。6年目の年俸としては柳田(ソフトバンク)の2億7000万円を上回る最高額となった。

 過去、入団6年目時点での最高年俸は巨人・菅野智之投手の4億5000万円(18年)。大リーグで活躍するダルビッシュ有投手(パドレス)は日本ハム時代の10年に3億3000万円、田中将大投手(ヤンキース)は楽天時代の12年に3億2000万円だった。(金額はいずれも推定)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月22日のニュース