巨人・戸郷が「エース道」菅野から学ぶ 3年目の自覚!後輩に「背中を見せられれば」

[ 2021年1月22日 05:30 ]

巨人・戸郷
Photo By スポニチ

 巨人・戸郷が「エースの道」をたどる。昨季は、菅野から期待する若手として名前を挙げられ「全てにおいて見習う部分があった。見られ方というか、意識の高さを感じさせられた」とグラウンド内外で多くの学びを得た。3年目となり、後輩も増え「そういう背中を見せられればいい」と自覚をにじませる。

 その右腕はメジャー移籍を模索した中で残留し、チームにとっては朗報となった。一方で昨季2桁勝利したのは菅野のみで、投手力強化へ後継者の育成は急務。昨季9勝の戸郷に大きな期待がかかるが「あれぐらいになれるにはまだまだ足りない。修業を積みたい」と慢心はない。今季は背番号13からマシソンや定岡正二らが背負った20に変更。心機一転した背中で示し、次世代エースへの階段を上る。(田中 健人)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月22日のニュース