米野球殿堂入り 8年ぶり選出なしも 事前調査で得票率75%以上の候補者ゼロ

[ 2021年1月22日 05:30 ]

 今年の米国野球殿堂入りが、13年以来8年ぶりに選出なしの可能性が出てきたと、CBSスポーツが報じた。

 26日(日本時間27日)の発表を控えた投票者への事前調査で、殿堂入り基準を満たす得票率75%以上の候補者がゼロ。元レッドソックスで通算216勝のカート・シリング氏が最多の同74・8%だった。

 現役時代の薬物疑惑が物議を醸したバリー・ボンズ氏、ロジャー・クレメンス氏はともに71%台。今年は日本の野球殿堂も競技者表彰で23年ぶりに選出がなかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月22日のニュース