巨人・原監督も期待 ドラ1平内&ドラ4伊藤が春季キャンプ1軍スタート

[ 2021年1月22日 12:13 ]

ノックを受ける平内(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人は22日、都内でスタッフミーティングを開催。原辰徳監督(62)が、ドラフト1位・平内龍太投手(22、亜大)と同4位・伊藤優輔投手(24、三菱パワー)の2投手が春季キャンプ1軍スタートすることを明かした。指揮官は「その2人は(1軍メンバーに)入っていますね。新人ではその2名が入っている」と期待を寄せた。

 リーグ3連覇と9年ぶり日本一奪還を目指す今季、春季キャンプは2月1日に宮崎で1軍本隊、東京ドームで坂本、菅野ら主力19人の「S(スペシャル)班」が始動する。2軍は宮崎の同敷地内の別球場、3軍はジャイアンツ球場でのスタート。「日本一を奪還する」という目標を掲げた原監督は「分けて効率よく練習ができる環境がつくりたいというところです。時間というものを非常に有効に使えると思って、全体を4つのグループに分けた。S班に関してはそれぞれが経験値を持っていますので、東京ドームという一番天候面も心配しない所からスタートを切ってもらうのがベストであろうというところ」と説明した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年1月22日のニュース