中日 R・マルティネス 来季こそタイトル奪取「人生は良いことも悪いこともある」

[ 2020年11月22日 05:30 ]

中日のR.マルティネス(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 中日守護神のR・マルティネスが来季の復活を誓った。

 一時は阪神・スアレスとセーブ王争いを繰り広げていたが、左脇腹を痛め、10月21日に戦線離脱。最終的にリーグ2位の21セーブで初タイトルを逃し「悔しかった。人生は良いことも悪いこともある。しょうがない」と振り返った。

 現在はナゴヤ球場でリハビリ中で患部の状態は「80、85%まで上がってきた」。来季に向けて「目標はチームの優勝。自分が投げる度に100%の一番いいパフォーマンスを見せること」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月22日のニュース