巨人・岡本、待望の今シリーズ初安打!…と思ったらリクエストで無念の取り消し

[ 2020年11月22日 19:40 ]

SMBC日本シリーズ2020第2戦   巨人―ソフトバンク ( 2020年11月22日    京セラD )

<巨・ソ>4回1死、岡本(右)の内野安打判定は工藤監督のリクエストで覆り遊ゴロとなる(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 巨人主砲・岡本和真内野手(24)の今シリーズ初安打が無念の取り消しとなった。

 岡本は1―5で敗れた前日21日の開幕戦で4打席に入ったが、2打数無安打2四球。シーズン中、開幕戦と同じくこの日も「4番・三塁」で先発出場した。

 だが、2回に先頭で入った第1打席ではソフトバンク先発右腕・石川のフォークに空振り三振。0―6で迎えた4回、1死走者なしの場面で入った第2打席では遊撃への当たりが内野安打となり、通算6打席目で待望の今シリーズ初安打かと思われたが、ソフトバンク・工藤監督のリクエストによるリプレー検証の結果、判定が覆ってアウトとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年11月22日のニュース