阪神 西純がプロ最長7回8K2失点で成長示す

[ 2020年11月22日 14:45 ]

みやざきフェニックスリーグ   阪神―楽天 ( 2020年11月22日    生目第二 )

<フェニックスL 神・楽>先発の西純(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神の西純が、先発でプロ最長の7回を投げ6安打2失点と好投した。2回に3安打を集められ2点を奪われたものの、力強い直球とフォーク、スライダーなど変化球を低めに集め8奪三振。5回を除いてはすべて走者を背負っての展開を強いられたものの、粘りの投球を見せ試合を作った。

 2軍でローテーションを担ったプロ1年目の今季は、10月18日の広島戦で6回2/3を投げたのが最長。鍛錬を積む宮崎で確かな成長を示した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年11月22日のニュース