藤川球児氏 ソフトB・岩崎から開幕直後に助言求められ「もの凄く長い文章で」アドバイス送った

[ 2020年11月22日 21:26 ]

SMBC日本シリーズ2020第2戦   ソフトバンクー巨人 ( 2020年11月22日    京セラD )

<巨・ソ>7回に登板し1回無失点に抑えたソフトバンク4番手の岩崎(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 22日の日本シリーズ第2戦でスペシャルゲストとしてテレビ中継の解説を務めた、今季限りで阪神を現役引退した藤川球児氏(40)が7回に登板したソフトバンク・岩崎翔投手(31)から開幕直後にアドバイスを求められていたことを明かした。

 藤川氏は「実は開幕してすぐ、ある方を通して連絡があって、彼が投球に悩んでいるということで、もの凄く長い文章でこうしたら良くなるんじゃないかと思って送りました」と、投球のアドバイスを送ったと話した。実況の佐藤義朗アナウンサー(35)からその内容を求められたが「それはまぁ2人の話なので」としつつ「ただ、それが生きたかどうかわからないですけど、こういう舞台で見られるというのはうれしいですね」と語った。

 そして「やっぱり故障を抱えていたところで、かばっていたところが動きを、投球のフォームを崩していた。映像を見てすぐ気づいたので少し変えたというか、こうすればいいんじゃないか」と、助言した内容に触れた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年11月22日のニュース