成長してまっせ!阪神・井上が決勝本塁打 Pリーグ3本目アーチ&5試合連続Hと好調

[ 2020年11月22日 18:31 ]

みやざきフェニックスリーグ   阪神3―2楽天 ( 2020年11月22日    生目第二 )

<フェニックスL 神・楽>4回無死、井上は中越えにソロ本塁打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神・井上がバックスクリーン右に決勝のソロ本塁打を放った。「4番・右翼」で先発すると2―2で迎えた4回先頭で相手先発・王の外角カーブを捉え、フェニックス・リーグ3本目となるアーチでパワーを見せつけた。

 「何とかコンタクトしようと思って、振り抜けたと思う。(緩い球に)タイミングを合わせられたのはよかった」

 17日の楽天戦から5試合連続安打を記録するなど、状態は上々。平田2軍監督からは「バックスクリーンに打ったのが値打ち。自分の持ち味を出してきている」と評価された。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年11月22日のニュース