巨人・ウィーラー 0―7から今シリーズチーム初の本塁打も笑顔なし

[ 2020年11月22日 19:56 ]

SMBC日本シリーズ2020第2戦   巨人―ソフトバンク ( 2020年11月22日    京セラD )

<巨・ソ2>5回1死一塁、ウィーラーは2ランを放つ (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人のゼラス・ウィーラー内野手(33)が今シリーズでのチーム初アーチとなる1号2ランを放った。

 2試合連続で「8番・左翼」として先発出場。0―7で迎えた5回、1死一塁で入った第2打席でそれまで1安打投球を見せていたソフトバンク先発右腕・石川が1ボール1ストライクから投じた3球目、外角低めの144キロ直球をとらえて右翼スタンドへ叩き込んだ。

 ソフトバンクは前日21日の開幕戦で栗原が菅野から先制2ラン。この日の第2戦でも甲斐が今村から、グラシアルが戸郷からそれぞれ1号を放っており、両チーム合わせて4本目でようやく巨人に待望の一発が飛び出した。

 だが、0―7からの2ランにウィーラーに笑顔なし。まだ5点差があり、厳しいゲーム展開が続いている。

 ▼巨人・ウィーラー つなぐことだけ考えて打席にはいりました。まだ点差はあるので、これで少しでも勢いをつけて、これから追いつける試合展開にしたいね!

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年11月22日のニュース